2016年8月19日

ウララ ウラウラ 夏ウララ




わざわざ名前もつけられてないような
何でもない街の一角に、
何でもない道や
何でもない出来事を集めた場所があって、

そこにウララさんはわざわざ訪れたわけですが

何でもないお店の、
何でもない食べ物を食べて、
何でもない酒を飲み交わし、
何でもない人と一緒に酔っぱらって、
何でもない歌を歌ったりしていた。

何でもないことばかりすぎて
特に何があったわけではなかった、
と、ウララさんは旅の話をあまり話してくれない。

そして、とにかくウララさんは
「しかし今まで行った場所で一番楽しかった」、
の一点張り。

男ウララの真夏のエスケープ小旅行。