2017年3月18日

ファーレドファーレドラーソファファソー


アユム君は毎年、
友だちの命日に合わせて、
数ヶ月前からヒヤシンスを育てはじめる。

その日にピッタリきれいに咲くように、
毎年春に向けてヒヤシンスを育てることに
チャレンジしている。

その習慣がはじまって今年で4回め。
アユム君は今年も、
友だちの命日にピッタリには合わせられなかったが、
ヒヤシンスをちゃんときれいに咲かせることができた。

・・・・・・・

そうやってアユム君は、
友を亡くしたことがある友だちの気持ちをわかりたくて、

まだ生きている友だちひとりを、
毎年春先に、死んだことにしてヒヤシンスを咲かせては
リコーダーを吹いている。