2017年8月9日

犬とイサム



イサムが河原を歩いていると、
ある場所で必ず犬が現れる。

犬はイサムが嫌いだ。
イサムも犬が嫌いだ。

お互いに数メートル距離を保ちながら、
犬は唸りながら、イサムを睨んでいる。
イサムは肩を貼りながら、犬を威嚇する。

だから
犬はイサムが嫌いだ。
イサムも犬が嫌いだ。

いつもと変わらないこの河原には、
今日も穏やかな風が吹いていく。

犬は他の人間みたいにおいでと言わないイサムが大嫌いだ。
イサムは他の人間には懐くのに自分には全然懐かない犬が大嫌いだ。

お互いに数メートル距離を保ちながら、
睨みあいながら威嚇しあいながら、
すれ違い去って行く。

犬とイサムのあいだを、
今日も穏やかで憎めない風が吹いていく。